1927 聖橋


関東大震災復興事業の一環として意匠デザインに関与した
柔らかな曲線の橋脚デザインは御茶ノ水駅のランドマークとして親しまれている